1.スポーツマウスガード
 [マウスガードの目的・効果]
 [マウスガードの種類]
 [オーダーメードマウスガードの作成費用、期間]
 [その他の注意事項]
2.ナイトガード
[あなたの大切な歯や唇、顎をスポーツ事故から守りましょう]
[スポーツにおける大きな衝撃からあなたの大事な歯を守ります。]

最近、患者さんからの問い合わせが多い事がらに、マウスガードがあげられます。
スポーツ、特に今年はワールドカップ開催もあり、今サッカーが巷で流行っていますが、スポーツには怪我が付き物です。特に激しいスポーツ、たとえば多人数がぶつかる可能性の高いサッカーやバスケットボール、ラグビーなど、バットやラケットを振り回す野球、テニスなど、格闘技に近い柔道、空手などでは、歯やあごなどの顔面の怪我が多くなってきます。
季節外れですがスノーボード時の転倒時の脳震盪予防にも効果があるといわれています。

要町歯科ではそれら歯や唇を主体とする怪我の予防や軽減のためのマウスピースの作成を行っています。心と体を鍛える目的のスポーツで、逆に歯が折れること、唇の怪我を防止するためのマウスガードの装着は、大変意義のあることと考えます。また瞬発力を発揮するに当たりマウスガードが有用であるとの報告もあります。

マウスガードはマウスピースマウスプロテクターと呼ぶ場合もあります。
サッカーをしていて他の人のひじが当たり、
歯が抜けかけました。
野球をしていて、他の人の素振りのバット
が当たり破折。
TOPへ   
 

マウスガードは口の中の歯やあごなどを破折や脱臼などから守る保護装置です。マウスガードは激しい外力からあごや口の周りへの衝撃を緩和し、歯の破折や顎骨の骨折、舌、口唇、歯肉などの口腔内軟組織の外傷から守るものです。

怪我に対して具体的には
  1、 外力による歯、特に前歯の破折や脱臼の防止
  2、 外力による口唇や頬の損傷の軽減・防止
  3、 歯による唇や舌の損傷の軽減・防止
  4、 ウエイトリフティングなどの際の奥歯の食いしばりによる歯冠の欠け、ヒビの予防・防止
  5、 顎骨、特に歯を植えている歯槽骨の骨折の防止
  6、顎関節の関節円盤や関節腔の損傷の軽減および防止
  7、顎を介しての強い衝撃による脳震盪、頚椎損傷の軽減および防止
などが上げられます。しかし、あまりにも強力な衝撃で、マウスガードの衝撃吸収能力を超える場合では軽減効果はあっても上記の損傷が発生する場合もあり、すべての損傷を防止できるわけではありません。

精神面、筋力に対して具体的には
  1、マウスガード装着の心理効果として、損傷から守られているという安心感からより積極的な
    プレーができる。
  2、適切にフィットしたオーダーメードマウスガードでは、マウスガード無装着、不適合な市販品
    マウスガードに比較して筋力、特に瞬発力がアップすることが報告されています。

TOPへ   
 

スポーツ店の店頭で販売されている市販の汎用マウスガードと歯科医院で競技者ごとに作成されるオーダーメード(カスタムメード)マウスガードがあります。オーダーメードマウスガードにはさらに競技者の年齢やスポーツの種類により以下の作成法があります。
  1、 バキューム法
  2、 ラミネート法
  3、 ロストワックス法
がありますが、小中高校生がクラブ活動などで装着する場合はバキューム法で作成するのが一般的です。バキューム法では色は5種類(イエロー、ブルー、ホワイト、ブラック、クリアー)あります。

写真1(市販) 写真2(オーダー)
TOPへ   
 
健康保険適用外ですが、作成費用は一般的なバキューム法では7000円かかります。特に激しいスポーツで使用する場合はご相談ください。来院回数は通常2回で作成できますが、その後の経過を見たり、調整が必要となる場合があります。また大きな虫歯などがある場合は、事前に虫歯の治療が必要です。
TOPへ   
 

マウスガードはまれに壊れることがありますが、壊れたままで使用するとお口の中を傷つけることがあります。壊れたら修理や再作成が必要です。競技者の成長により乳歯が抜けて永久歯になった場合や、顎の成長によりマウスガードが合わなくなる場合もありますが、その場合は再作成が必要です。

写真の競技者は犬歯が外側に出ているためたびたび唇が傷つくので、その防止のために作成を希望されました。作成法はバキューム法です。

さらに詳細は要町歯科までお問い合わせください。

写真1 写真2
写真3 写真4
TOPへ   
一般に睡眠中の歯軋りの防止に使用します。夜中に配偶者などに「歯軋りがうるさくて眠れない」、などと言われている方、ご自身で「自分の歯軋り音で目が覚める」「最近、歯が磨り減った」などと感じている方はご相談ください。健康保険が適用されます。
写真1 写真2 写真3
写真1、2は作成時の写真です。
写真3は概ね1ヶ月装着後の写真です。ナイトガードが相当磨り減って、一部剥がれています。患者さんは、まったくと言ってよいほど歯軋り音はなくなったと奥様より言われており、大変喜んでいます。
ナイトガードの製作費用は、諸検査などを含めて社会保険の本人で2割負担の方は、約9000円位となります。また、ひどい歯軋りの場合破損する場合もあり、患者さんによっては何回か再製作が必要となる場合があります。更に詳細は、要町歯科までお気軽にお問合せ下さい。
要町歯科医院へ
このページについてのご感想・ご質問はこちらまでお願いします。
TOPへ