はじめに
歯石除去やブラッシング指導についてのイメージは
歯石や歯垢ってなに?
歯石、歯垢はなぜ取らなければいけないの
歯周病はどんなもの?
歯周炎で、自然に歯が抜けてしまった患者さん
要町歯科での取り組み
私も歯周病かも?
最後に
皆さんは「歯石」「歯垢(プラーク)」という言葉を聞いたことがありますか?歯科医院や、テレビコマーシャルで聞いたことがあるのではないでしょうか?当院での歯石除去や歯垢除去=ブラッシング指導に対する取り組みをご紹介します。
TOPへ   

歯科医院では歯石除去やブラッシング指導は極めて一般的な医療行為です。歯石除去を目的として来院される患者さんのみならず、他の歯科治療を目的として来院された患者さんにも必要に応じて行われる医療行為です。このように歯石除去、ブラッシング指導に対するイメージは、ごく当たり前のことと思われる患者さんも多いとは思いますが、まったく歯石、歯垢に対して無関心な患者さんもまた多いことも事実です。

今回、改めて「歯石」や、その元となる「歯垢」を取り除くためのブラッシング指導のことを考えてみようと思います。いったい歯石や歯垢はどんなもので、なぜ取り除かないといけないのでしょうか?

TOPへ   

まず先に歯垢についてです。食べかすなどの汚れが歯磨きなどで取り除かれなかった時、その食べかすと口の中にいる細菌(虫歯菌、歯周病菌をたくさん含む)が交じり合い、ねばねばとした白色の粘着物質として歯に絡みつき付着し、歯垢になります。これは適切なブラッシングで除去できます。

さらにこの歯垢が放置されると、文字通り歯の裏や歯根に石のように硬く付着し、歯石に変化します。つまり歯石は、歯垢に唾液中のカルシュームやリンと結合して、時間の経過と共に石灰化し硬くなったものです。一般的に歯垢は2日から2週間位で石灰化が始まります。歯石としてひとたび石灰化が始まるとその表面はざらつき、更にその周りに歯垢が群がり、それがまた石灰化します。そしてますますがっちりと硬くなり、雪だるまのように増えていきます。

歯石は、最初は歯と歯茎の境目や、歯と歯の間にやや黄色がかった白色の塊としてできてきます=歯肉縁上歯石(写真1)。その後歯石が成熟して古くなってくると、歯肉の出血などにより黒く変化してきます。そして、歯と歯茎の境目の隙間(歯周ポケット)に侵入し、歯と歯茎の結合を破壊し、根先へと歯石は付着していき、更に歯と歯茎の結合を破壊し続けます=歯肉縁下歯石(写真2)。

これらは歯肉の外からは見えませんから、分からないうちに歯周病が進行していくこととなりがちです。写真3は除去した歯石です。

写真1 写真2 写真3
TOPへ   

歯石は外傷性の刺激(ザラザラしている、ノコギリが歯茎の中にあるような状態)を与え歯茎を損傷します。また細菌の塊でもあり、毒素を放出(歯茎の中で食中毒が起こっているような状態)するため、いわゆる歯周病原性があります。これらにより歯茎を刺激し、炎症を悪化させます。

炎症が進むと、やがて歯と歯茎の付着を破壊し、歯槽骨(歯を支えている骨)が熔け始めます。そうすると歯と歯茎の結合がゆるくなり、その隙間にまた歯石が着きさらに歯槽骨を溶かすといった悪循環が起こります。そして重症の場合は歯が抜け落ちてしまします。それゆえ歯石はもちろんのこと、その歯石、虫歯の原因である歯垢は取り除かなければなりません。

以前は歯槽膿漏と言っていましたが、最近は「歯周病」と言っています。歯周病には大きく分けて、パノラマレントゲン検査により歯槽骨の吸収を起こしている「歯周炎」(写真4)と、歯槽骨吸収を伴わず、歯茎の炎症に留まっている場合を「歯肉炎」(写真5)といいます。

この歯肉炎のうちに適切な処置を行わないと歯周炎に移行していき、それでも放置するといずれ歯茎が腫れて膿を持ち、最終的には歯がぐらつき、抜けてしまうという結果を招いてしまいます。写真6は歯槽膿漏が原因で歯茎が腫れて膿を持ち、痛みが強く、抜歯を余儀なくされた歯です。歯根にたくさん付いた歯石に注目してください。歯槽膿漏の原因はこの歯石です。そして歯石の原因は歯垢です。

最近の厚生省(厚生労働省)のデータによりますと、成人の7割以上の人たちは歯周病に罹患しているということを皆さんはご存知ですか?今や歯周病は糖尿病や高血圧などと同様に[生活習慣病]の一つとなっています。

写真4 写真5 写真6
TOPへ   
こちらの患者さんは、当医院で歯を抜いたわけではなく、来院前日に自然に歯が抜け、その歯を持って来院された患者さんです。お口の中を見てみましょう。早く治療を開始しないと、どんどん歯が抜けてしまいそうな位に歯周病が進行しています。正面像(写真7)ですが、上下の歯に付いた歯石が見えますか?そして下あごの大きな歯石(写真8)、パノラマレントゲン(写真9)、除去した歯石と自然脱落した歯(写真10)です。すべて同じ患者さんの写真です。
写真7 写真8
写真9 写真10
TOPへ   

当院では初心時、歯周炎が疑われる時、前述のパンノラマレントゲン検査(歯周炎=写真11,歯肉炎=写真12)、歯周病検査(記録表=写真13)により診断を致します。痛みや腫れなどの緊急処置があればそれらを優先しますが、それらが落ち着くと歯石除去を実施します。歯石の除去は超音波スケーラー(写真14)、ハンドスケーラー(写真15)という道具で取ります。歯茎の中まで強固に付着した歯石を取り除くのは大変な作業です。その時には出血や、痛みを伴う場合もあります。その際は麻酔をしてから歯石を除去することもあります。

当院歯科衛生士が患者さんにあった歯ブラシを選択し、患者さんに歯ブラシを持って実際にブラッシングをしていただき、その上で個々の患者さんに合ったブラッシング指導を実施しています。

治療計画書(写真16)を患者さんに交付しています、虫歯などの治療と共に歯石除去、ブラッシング指導の必要と考えられる場合は、その旨記載してあります。また治療計画書に記載したようにブラッシング指導は、おおむね1ヶ月に1回の割合で実施します。

歯ブラシの種類は、非常に多く患者さん自分にあった歯ブラシをどう選んだらよいか、歯ブラシがどの様な状態になったら新しい物と取り替えたらよいか分からない患者さんも多いと思います。その他患者さんのお口の状態に合わせて、歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)(写真17)などの使い方を指導いたしております。その際に使用した歯ブラシは患者さんに無料で差し上げております。

写真11 写真12
写真13 写真14
写真15 写真16
写真17
TOPへ   
1.最近、口臭が目立つようになってきた。
歯と歯茎の間から出る膿が原因で強い臭いを発生させます。いわゆる歯槽膿漏です。ただし、口臭の原因は、その他にも胃が悪い人、食物のかす、糖尿病、空腹時、不潔な入れ歯、虫歯なども考えられます。
       
2.歯ブラシに血が付く。
歯茎が腫れて、歯磨きの時に出血しやすい状態になっています。その期間が長いほど危険です。

3.歯茎の形や色の変化。  
歯と歯の間の歯茎が丸みをおびた形で濃い赤い色の状態(写真18)は危険です。健康な状態は歯と歯の間の歯茎が引き締まりとがっています。色は淡いピンク色(写真19)です。

4.歯が動く。  
歯槽膿漏がかなり進行しています。歯が前後左右、上下にゆれるようだと、かなり重症です。

以上のような状態に1つ以上該当すると自覚される方は、早めに歯科医院に行き検査を受けられることをお勧めします。歯茎の健康を保ち、しっかりとした歯でしっかりと噛めることは、お口の中の健康だけでなく、体全体の健康に関しても大変重要なことであることを理解して頂きたいと思います。
写真18 写真19
TOPへ   
以上、歯石と歯垢についての一般論と、当医院のそれらに対する取り組みを紹介いたしました。歯周病があるかないか、あればそれは歯周炎なのか、それとも歯肉炎なのか、それに対する処置は何が適切なのか、さらに歯周病、虫歯予防としてのブラッシング指導は画一的なものではなく、患者さん個人個人によって違います。日頃のブラッシングに気を付けると共に、半年に1度位は虫歯の点検、プロフェショナルケア(専門職による治療・予防)としての歯石除去、ブラッシング指導を受けられることをお勧めいたします。患者さん個人個人により状態は異なりますので、さらに詳細は当院受診の上、ご相談ください。
要町歯科医院へ
このページについてのご感想・ご質問はこちらまでお願いします。
TOPへ